任意売却のタイミングを逸しない

宮城でも任意売却を考えている人は多く、住宅ローンの返済ができずやむなくマイホームを手放す人が少なくありません。

ただ、競売物件などになって泣く泣く安い金額で売却されるのなら、任意売却で自分の意思をもって売却できる方が、ストレスも少ないと思います。

様々なメリットがある任意売却ですが、競売にならないという事が何より大きなメリットです。

特に商売をしている方などは物件が競売にかけられているという事を知られたくないでしょう。

宮城でもどこでも、競売となれば、裁判所のホームページ、業界紙、インターネットでも公開されるので、見る人が見ればしっかりわかってしまいます。

つまり競売にかけられていることが全国区で知られてしまうという事です。

こうしたデメリットもありますので、競売にかけるという事を極力避けたいという方も多いでしょう。

延滞が継続すると裁判所の執行官や不動産鑑定士が訪問し、強制的に現況調査などを行っていきます。

このことに関して拒否権はありません。

例え拒否しようと居留守を使っても解錠できる権利があるため、解錠されて現況調査、不動産調査が行われますので、逃げても無駄です。

こうした大きなストレスがかかる事をされる前に、自ら専門家に相談し、しっかりと任意売却を進めていく方が売却金額が競売によって低くなることもなく、生活の保障がある中で任意売却を進めていくことができます。

一番何が大切なのか、という事をよく考えて任意売却に踏み切るタイミングを逸しないように専門家に相談していきましょう。