任意売却の相談をしよう

住宅ローンを支払う事ができず、債務超過状態の不動産となってしまった我が家、手放すのはもう見えているけれど競売に出されるのは避けたいという場合、多くは任意売却を選択します。

通常不動産を売却する場合に、住宅ローンが残っているとすべての残額を返済しなければなりません。

売却しても、売却した金額が住宅ローンの残債より下になる場合、自分で不足分を支払う事になります。

通常住宅ローンを組んでいる住宅の場合、抵当権という権利が設定されていて、その住宅を利用している所有者の持ち物ではなく、抵当権設定をした方の権利がついているため、勝手に売却するという事もできません。

でも返済できずどうしようもない状態になっていれば、何とかしなければなりません。

宮城でもこうした状態になった場合、売却金額代金から経費を控除して残った金額についてとりあえず返済し、いったん抵当権を解除し住宅を売却するという方法を取る事が多いです。

これが任意売却です。

宮城で今もし、住宅ローンの返済に困っている状態の方は、専門家に相談しましょう。

このまま未払いが継続していくと、競売物件となる可能性も出てきます。

そうなると本来売却できる金額はもっと高いのに、競売物件となったばかりにかなり低い金額で売却せざるを得ない状態になってしまいます。

任意売却と競売物件を比較すると、特別な場合を除き、競売物件は格安物件が多いのです。

任意売却を行うためには、債権者の同意などが必要となるため、その交渉を行うために専門家に依頼する方が非常に多くなっています。

関連ページ–>【住宅ローンの支払いが苦しくなったら