任意売却って何?

経済的な不安定が継続し、住宅ローンの支払いができなくなってしまう人が多くなっています。

宮城で住宅を建て、住宅ローンを契約した時には、しっかり支払していける予定だったのに、勤務先の業績が傾き、ボーナスがカットされたり、ボーナスがなくなったりしてボーナス月の支払い分を普段の月からためていかなくてはならなくなった、またリストラとなって職を失い、住宅ローンの支払いが困難になってしまったということもあるでしょう。

生活していくことも困難になるほど、住宅ローンの支払いが困窮してしまったら、宮城でやっと建てた住宅を手放すことも考えることが必要となります。

ぎりぎりまで住宅ローンの支払い返済を待ってもらっても、結局支払できないとなると、債権者は不動産の抵当権等の実行によって債権を回収しようと試みます。

この場合、競売という手もありますが、競売にかかると売却しその費用が現金化するまでにかなりの時間がかかりますし、競売という手段で売却することが目的となるため、市場価格よりもかなり安く販売されてしまうというデメリットがあります。

こうしたもったいない状態にならないように、競売を避け、その前に住宅を売却し現金を得ようとするのが任意売却です。

競売などの矯正手段で住宅を売却するということではなく、任意で市場に出して住宅を売却するという方法になります。

競売よりもスムーズに行うことができますので、債権者の多くがこうした任意売却をして返済を求める方が多くなっています。

こちらで⇒宮城県での任意売却の相談をしてみてください。